« [No.583-1]知れば知るほど | トップページ | ホタル通信 No.231 »

[No.583-2]知れば知るほど

No.583-2

「ほら、こうして二人きりで逢うようになったじゃない?」

彼とは十年来の知り合いだ。
でも、こうして親密に話すようになったのは、一年くらい前からだ。

「あっ、うん・・・」

ましてや二人きりで逢うようになったは、ごく最近だ。

「あなたのこと、知れば知るほど・・・なんか・・・ね」

別に彼のことを“男性”としてみているわけじゃない。
でも、知れば知るほど、別れがつらくなる。

「・・・それは、僕もだよ」
「多分、同じ気持ち」

友達以上恋人未満とはよく言ったものだ。
今の二人には、まさしくこの言葉がピッタリ当てはまる。

「明日・・・早いの?」
「ううん、前よりは少し余裕があるよ」

明日の午後早く、大阪に戻るみたいだった。

「そっか・・・」

しばらくの間、沈黙が続いた。
お互い、“次、いつ逢える?”という言葉を切り出せないまま・・・。S583
(No.583完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.583-1]知れば知るほど | トップページ | ホタル通信 No.231 »

(024)小説No.576~600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/60938900

この記事へのトラックバック一覧です: [No.583-2]知れば知るほど:

« [No.583-1]知れば知るほど | トップページ | ホタル通信 No.231 »