« [No.580-1]それがモチベーション | トップページ | [No.581-1]リメンバー »

[No.580-2]それがモチベーション

No.580-2

「そうね・・・私も、それじゃ“嬉しい”止まりね」
「でしょ?」

そもそも、“何が”モチベーションを上げてくれるか?
私、自身もよく分かっていない。

「それは私も同じ」
「どうしたら、上がるのか、分かってない」
「・・・そうよね」

そのままふたりして黙り込んでしまった。

「・・・で・・・も」
「えっ・・・なに?」

口火を切ったのは同僚の方だった。

「・・・さんには負けたくないんだよね」

聞いたことがある名前だ。

「彼女と私・・・どちらかのアイデアが採用されるの」
「確か・・・美人でも有名な人だよね?」

才色兼備という言葉は、彼女のためにあると言っても良い。

「そう!だから絶対に負けたくない!」
「・・・アハハ」
「な、なによ!?」

同僚の場合は、それがモチベーションのようだ。
S580
(No.580完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.580-1]それがモチベーション | トップページ | [No.581-1]リメンバー »

(024)小説No.576~600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.580-2]それがモチベーション:

« [No.580-1]それがモチベーション | トップページ | [No.581-1]リメンバー »