« [No.579-1]わがままの先 | トップページ | ホタル通信 No.229 »

[No.579-2]わがままの先

No.579-2

「・・・やっぱり、うちってわがままなんやろか?」
「かもしれない」

冗談っぽく、本気で答えた。
けど、悪気はない。
お互い、納得ずくの会話だ。

「やっぱりぃ!」
「でも、別にそれが悪いってわけじゃないだろ?」

確かに、わがままで苦労はした。
けど、それが理由で彼女のことを嫌いになることはない。

「ホンマに?」
「だから、ホンマに!」

彼女だから、わがままを許せる。
彼女でなければ、同じわがままでも恐らく許せないだろう。

「せやったら、これからもわがまま言うで」
「どうぞ、好きなだけ」

この言葉にウソはない。
わがままを言える人間が、もう僕しかいないからだ。
ひとりぼっちの彼女には・・・。
S579
(No.579完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.579-1]わがままの先 | トップページ | ホタル通信 No.229 »

(024)小説No.576~600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/60791349

この記事へのトラックバック一覧です: [No.579-2]わがままの先:

« [No.579-1]わがままの先 | トップページ | ホタル通信 No.229 »