« [No.572-2]ドクターイエロー | トップページ | [No.573-2]祝電 »

[No.573-1]祝電

No.573-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「・・・そうね」

祝電と言えば、定型文しか送ったことがなかった。
ただ、今回はそうはいかない。

「確か・・・元、教え子だよね?」
「あぁ、もう10年前になるけど」

僕が、まだ新入社員の教育係りだった時代の話だ。
彼女は教え子のひとりにすぎない。

「それにしては、肩入れしてない?」

それは自分でも分かっている。

「けど、変な意味じゃないよ」

それも分かっている。
教え子はそれこそ大勢いる。
だからこそ、なぜ彼女だけ・・・ごく自然な疑問だ。

「当時、彼女を含めて・・・」

ある年、男性社員に混じって6名の女子社員が入社した。
一度に入社する数としては異例だった.

「ほら、数が居ると・・・やっぱりね」

色々なトラブルが起きた。
笑えるものから、笑えないものまで。

(No.573-2へ続く)

|

« [No.572-2]ドクターイエロー | トップページ | [No.573-2]祝電 »

(023)小説No.551~575」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.573-1]祝電:

« [No.572-2]ドクターイエロー | トップページ | [No.573-2]祝電 »