« [No.575-2]紅葉狩り | トップページ | [No.576-1]いもケーキ »

ホタル通信 No.227

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.370 一枚の写真
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

全体的な雰囲気はほぼ事実であり、主軸である一枚の写真
も存在します。

たんすの中に雑然と入れっぱなしになっていた写真。ある時
意を決して整理を始めました。ただ、その量たるもの・・・少し
引いてしまうくらいでした。
その中で見つけた一枚の集合写真。ここから小説はスタート
して行きます。

ところで、数有る写真の中から、なぜ、その写真に目が行っ
たのかは、ラストを読んで頂ければ分かります。
ただ、当時、顔がタイプであるということを、さほど意識してい
なかったような気がしています。

小説の通り、別れ際に何か会話した記憶があります。ただ、
どんな内容であったかは定かではありません。
それでも、どちらからともなく、ごく自然に会話したことは今で
も鮮明に覚えています。
別れ際、去り際に、急に名残惜しくなってしまう、その感覚で
しょうか・・・。それと、もうひとつ、覚えていることがあります。
それは戻る場所が同じ北海道だったということです。
ツアーは関空到着を最後に、そこから各々帰路に就く流れで
した。それこそ小説のオチではありませんが、偶然なのか必
然なのか、お互い、北海道に向けて帰路に就いたわけです。

ただ、小説の通り、帰路は別々であり、一期一会・・・ありき
たりですが、そんな言葉がよく似合います。
S227

web拍手 by FC2

|

« [No.575-2]紅葉狩り | トップページ | [No.576-1]いもケーキ »

(109)通信No.226~250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.227:

« [No.575-2]紅葉狩り | トップページ | [No.576-1]いもケーキ »