« ホタル通信 No.214 | トップページ | [No.550-2]下流のごみ »

[No.550-1]下流のごみ

No.550-1

登場人物
virgo女性=牽引役  virgo女性=相手
-----------------------------
会社へ足が向かない日は、あえて通勤経路を変える。
そんな時は遠回りになるくらいが丁度良い。
recycle
「今日、ギリだったじゃない?」
「合コンからの・・・寝坊?」

“それはあなたでしょ!”と突っ込みたく気持ちを抑えた。

「単に遅くなっただけよ」
「でもさぁ、時々、ギリに来るよね?」

寝坊でも通勤途中のトラブルでもない。
二駅も前から下車すれば、必然的にそんな時間になる。

「色々あってね・・・」
「心配しなくても、遅刻はしないから」

時間は読めている。

「会社の近くに、小さな川が流れてるでしょ?」

会社は、その川の下流に位置している。
今日、私はさらに下流から歩いてきた。
二駅も前から下車するのは、それが目的だからだ。

「それが目的って!?」

友人がキョトンとしている。

(No.550-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.214 | トップページ | [No.550-2]下流のごみ »

(022)小説No.526~550」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/60162183

この記事へのトラックバック一覧です: [No.550-1]下流のごみ:

« ホタル通信 No.214 | トップページ | [No.550-2]下流のごみ »