« [No.549-1]犬の遠吠え | トップページ | ホタル通信 No.214 »

[No.549-2]犬の遠吠え

No.549-2

「でも、何でも答えがあるって、つまらなくないか?」
「それはあるけど・・・」

犬の遠吠えもそうだ。
想像通りとは言え、なんだか急につまらなくなった。

「だろ?アレコレ考えている時の方が楽しいこともある」
「手軽だけど、得られるものは少ない・・・か」

プレゼントを貰うと嬉しい。
けど、自分で苦労して手に入れる方が何倍も嬉しい。

「・・・まぁ、そうも言えるかな」
「何でも検索!も時には考えものね」

これからは多少、考えて行動することにしよう。

「突然だけど、私も遠吠えしていい?」
「ものまねでもするつもり?」

それには答えず、朝、聞いた遠吠えを真似てみた。

「い、いがいに上手いじゃないか!」

遠吠えには様々な意味があるらしい。

「そう?それよりも・・・」
「遠吠えする理由調べてみて」

そのセリフと共に彼の腕へ巻き付いた。
S549
(No.549完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.549-1]犬の遠吠え | トップページ | ホタル通信 No.214 »

(022)小説No.526~550」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/59960836

この記事へのトラックバック一覧です: [No.549-2]犬の遠吠え:

« [No.549-1]犬の遠吠え | トップページ | ホタル通信 No.214 »