« [No.548-2]財布を忘れた ! | トップページ | [No.549-2]犬の遠吠え »

[No.549-1]犬の遠吠え

No.549-1

登場人物
virgo女性=牽引役  shadow男性=相手
-----------------------------
つくづく便利な世の中になったと思う。

「・・・そこまで言うのは大袈裟じゃない?」
「でもさぁ、すぐに手元で調べられるのよ?」

ネット社会になってから検索すれば、何らかの答えがそこにある。
スマホが登場したことで、それが加速したように思える。

「朝から評論家みたいなこと言うよな」
「たかが、犬の遠吠えだろ?」

会社前の横断歩道は、小学校への通り道でもある。
そこに、交通安全のおじさんが立っている。

「そうだけど、一昔前ならせめて本屋や図書館でしょ?」

おじさんの傍らには、一匹の犬がいる。
もちろん、おじさんと目的は同じだ。

「それが今なら疑問に思ったら、即、検索!」

ただ、犬の遠吠えだけに限ったことではない。
気になることがあれば、すぐ調べている。

「それで、結果は?」
「あ、うん・・・」

何かを裏切るわけでもなく、想像通りの答えがそこにあった。

(No.549-2へ続く)

|

« [No.548-2]財布を忘れた ! | トップページ | [No.549-2]犬の遠吠え »

(022)小説No.526~550」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/59955933

この記事へのトラックバック一覧です: [No.549-1]犬の遠吠え:

« [No.548-2]財布を忘れた ! | トップページ | [No.549-2]犬の遠吠え »