« [No.527-1]目の錯覚 | トップページ | ホタル通信 No.203 »

[No.527-2]目の錯覚

No.527-2

「ドラム缶はフェンスの前に置いてあって」

駐車場と道路を隔てるように青色のフェンスが張ってある。

「そのフェンスが一部、白く剥げてるんだ」
「もしかして、それが煙の正体?」

立ち止まってマジマジと見てもそうは感じない。
でも、自転車で通り過ぎると、煙が上がっているように見えてしまう。

「だから、いつも通り過ぎた瞬間に“ん?”みたいな・・・」

それを繰り返しているうちに、少なくとも煙ではないことは理解した。

「で、何なんだろうと思って調べてみたら・・・」
「つまり、目の錯覚だった、ってことね」
「まぁ、そういうこと」

ただ、話終えた時、この話にはオチがないことに気付いた。

「・・・これだけなんだけど」
「見てみたい!それを」
「見てみたいって、現場を!?」

一応、聞き返してみた。
目の錯覚ならぬ、耳の錯覚かもしれないからだ。

「そうに決まってるでしょ!」

どうやら聞き間違えではなかったようだ。
S527
(No.527完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.527-1]目の錯覚 | トップページ | ホタル通信 No.203 »

(022)小説No.526~550」カテゴリの記事

コメント

ホタルさん こんばんは ^^

こちらこそ、いつも、ありがとうございます!

拙い写真に、嬉しいコメントをいただきまして
パワーもらえました♪

これからも、ホタルさんの素敵な感性に
刺激を受けさせていただきますね。

投稿: ユトリロ | 2014年4月16日 (水) 23時52分

わざわざお返事いただきありがとうございます。
私のこんな感性で良ければ(笑)
写真って、撮る人によってこうも違うんだ・・・なんて、いつも感心しながら拝見させて頂いてます。

投稿: Re:ユトリロさんへ | 2014年4月18日 (金) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/59464928

この記事へのトラックバック一覧です: [No.527-2]目の錯覚:

« [No.527-1]目の錯覚 | トップページ | ホタル通信 No.203 »