« [No.524-1]元祖の存在 | トップページ | [No.525-1]鶏が先か卵が先か »

[No.524-2]元祖の存在

No.524-2

「外出するときは、カバンの中に入れといて」
「あぁ、今もそうしてる」

けど、他人には知られたくない。
秘密とまでは行かないまでも・・・。

「でも、何だか悪い気もする」

それこそ真っ暗なカバンの中に閉じ込めている感じだ。
そう感じること自体“危ない”のかもしれないが・・・。

「せやったら、やっぱりここやん!」

また、胸ポケットに入れた。

「おいおい・・・」

・・・とか言いながらも、本当はそうしたい。

「じゃあ・・・休みの日だけでもええから」
「・・・それなら、まぁ、多分・・・大丈夫」

胸ポケットから顔が出ないようにすればいいだろう。

「よかったやん!せいじゅうろう!」
recycle
日曜日、菜緒(なお)と出掛けた。
もちろん、せいじゅうろうを胸ポケットに入れて。
幸いにも顔は出ていない。
ただ、俺のポケットに話しかけるのはやめて欲しいが・・・。Image_12
(No.524完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.524-1]元祖の存在 | トップページ | [No.525-1]鶏が先か卵が先か »

(021)小説No.501~525」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/59371758

この記事へのトラックバック一覧です: [No.524-2]元祖の存在:

« [No.524-1]元祖の存在 | トップページ | [No.525-1]鶏が先か卵が先か »