« ホタル通信 No.201 | トップページ | [No.524-2]元祖の存在 »

[No.524-1]元祖の存在

No.524-1   [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
shadow男性=牽引役  virgo女性=相手
-----------------------------
本来、せいじゅうろうと呼んでいいのは、こいつだけだ。
それだけ特別な存在でもある。

「随分、増えたやん!」

菜緒(なお)が言う通り、確かに増えてきた。
そのため、数日前に収納ボックスを買った。

「散らからないように箱へ入れるようにしたから」

透明だから、中身はよく見える。

「せやね!でも、せいじゅうろうだけは入れたらアカンよ」

せいじゅうろうとは、菜緒が名付けたリラックマの名前だ。
でも、全てがそうではない。
あくまでも、こいつだけが“せいじゅうろう”だ。

「それなら、どこに置いておくの?」
「せいじゅうろうは、ここ!」
「ここ!って・・・」

俺のワイシャツのポケットの中に入れた。

「今はここ」

よく意味が分からないが、都度移動させるらしい。

「着替えたいんだけど?」
「せやったら、ここ」

机の上に、チョコンとせいじゅうろうを乗せた。

(No.524-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.201 | トップページ | [No.524-2]元祖の存在 »

(021)小説No.501~525」カテゴリの記事

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/59361159

この記事へのトラックバック一覧です: [No.524-1]元祖の存在:

« ホタル通信 No.201 | トップページ | [No.524-2]元祖の存在 »