« [No.523-1]気の早い桜 | トップページ | ホタル通信 No.201 »

[No.523-2]気の早い桜

No.523-2

「それにしても、まだ早いよね?」

動き出した車の中で、さきっきの光景を振り返った。

「そうね、確かに」

自宅の周辺に、ちょっとした桜の名所がある。
それを見る限り、そんな気配はまるでない。

「それにしても気が早い桜だね」
「でも、気付けてよかったじゃん」
「気付けて?・・・それもそうだね」

鮮やかに咲いていなければ気付かなかっただろう。
ましてやあの場所だ。

「主張したかったのかもしれないね」

誰よりも早く咲くことで、存在を知らしめたのかもしれない。

「・・・ねぇ」
「私もそう考えてたところ!」

なぜだか、お互い答えを言わなかった。
それでも答えは同じはずだ。
友人が車をUターンさせたからだ。
S523
(No.523完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.523-1]気の早い桜 | トップページ | ホタル通信 No.201 »

(021)小説No.501~525」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/59344113

この記事へのトラックバック一覧です: [No.523-2]気の早い桜:

« [No.523-1]気の早い桜 | トップページ | ホタル通信 No.201 »