« [No.475-1]食堂の匂い | トップページ | ホタル通信 No.177 »

[No.475-2]食堂の匂い

No.475-2

私が今住んでいる家の最寄り駅は親戚の最寄駅と似ている。
改札を抜けた辺りから匂いがしてくることも同じだ。

「今のようにね」

それを子供心に“食堂の匂い”と表現した。
匂いの具体的な“手本”があったわけではない。
何となく、それに落ち着いた。

「だからと言って、何か具体的な想い出があるわけじゃないの」
「体が反応しているというか・・・」

大げさだが一瞬、タイムスリップした気分になる。

「こんな気分になるのは、ここだけと言うか、これだけ」

懐かしさがこみ上げてくる。
同時に、だんだんと足が遠のいて行ったことも想い出す。

「足が遠のいた原因は?」
「特別何もない」

別にこの親戚に限ったことではなかった。
成長と共にどこに対しても足が遠のいた。

「なんか、締まりのない話でごめん・・・」

結局、私は何が言いたかったんだろう。
昭和の雰囲気を残す商店街は今日も活気で溢れている。
S475
(No.475完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.475-1]食堂の匂い | トップページ | ホタル通信 No.177 »

(019)小説No.451~475」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/58084000

この記事へのトラックバック一覧です: [No.475-2]食堂の匂い:

« [No.475-1]食堂の匂い | トップページ | ホタル通信 No.177 »