« [No.474-1]迷子のコリラックマ | トップページ | [No.475-1]食堂の匂い »

[No.474-2]迷子のコリラックマ

No.474-2

「いいや、ちょっと待って!」
「100数えるかい?・・・それとも目をつぶる?」

言うなればかくれんぼだ。
菜緒(なお)なりの流儀があるのかもしれない。

「ちがうねん、なんてゆうたらええんかな・・・」

珍しく歯切れが悪い。

「探せばいいんだろ?」
「せやねんけど・・・」
「うちが声を掛けたら探して」

今まで以上に怪しい展開になってきた。
コリラックマを一体、どこに隠したのだろうか?

(けど、探しがいがあるってことかな?)

「ええよ!」
「ん?・・・探していいってこと?」
「それでは、改めて探すと・・・」

探し始めようと腰を上げた、その時だった。

「あぁー!」
「あぁー!って、なになに!?」
「お尻の下?ウソだろ!?」

今回はどうやら踏んづけてしまった設定らしい。
474
(No.474完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.474-1]迷子のコリラックマ | トップページ | [No.475-1]食堂の匂い »

(019)小説No.451~475」カテゴリの記事

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/58061835

この記事へのトラックバック一覧です: [No.474-2]迷子のコリラックマ:

« [No.474-1]迷子のコリラックマ | トップページ | [No.475-1]食堂の匂い »