« [No.473-1]私でした | トップページ | ホタル通信 No.176 »

[No.473-2]私でした

No.473-2
recycle
(ん!?)

帰りの電車の中で、独特の匂いに気付いた。

(これ・・・)

間違いなく、551の豚まんの匂いだ。
何気なく車内を見回すと、答えはすぐに見付かった。
さっきまで、この話題をしていたばかりだ。
偶然とは言え、知らせるしかないだろう。

『何だか551の匂いが・・・斜め前の人でした!』

メールを送った。

別に悪い匂いじゃない。
むしろ、食欲がない自分でさえ、食欲を誘う匂いだ。
ただ、周りの数人もキョロキョロしている。

そうそうに返信があった。

『私の周りも何だか551の匂いが・・・』

(そっちも!?偶然ってほんとうに重なるもんだな・・・)

『・・・私でした!』
S473
(No.473完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.473-1]私でした | トップページ | ホタル通信 No.176 »

(019)小説No.451~475」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/58030210

この記事へのトラックバック一覧です: [No.473-2]私でした:

« [No.473-1]私でした | トップページ | ホタル通信 No.176 »