« [No.460-1]かばんに手紙 | トップページ | [No.461-1]見覚えのある電車 »

[No.460-2]かばんに手紙

No.460-2

でも、隠していたのではない。
気持ちの上では、“入れている”ことにしていた。

「慌てて、他のカバンも確認したよ」

個人情報のような大袈裟なものじゃない。
けど、あまり人には見られたくない代物だ。

「何もなかった?」
「あぁ・・・全てのポケットを確認したよ」

結局、メッセージカードどころか、なにも出てこなかった。

「・・・なんだよ?」
「まだ残ってる!」

そう言うと、僕のカバンを指さす。

「これか!?あるわけないだろ?」

ただ、この言葉を素直に受け入れてくれるとは思えない。

「じゃ、見てろよ」

目の前で隅々まで見せれば納得するはずだ。

「・・・ほらな・・・何もないだろ?」

さっき、大見得をきったものの、内心ドキドキものだった。

「安心したか?」
「うん、安心した・・・私が贈ったメッセージカードが入ってなくて」

・・・意味がよく分からない。
女友達のカードならいざしらず、どうして・・・。

「どういう意味だ?」
「だって、私のカードが入っていたら・・・」
「それを見せたくない相手が身近に居ることになるでしょ?」S460

(No.460完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.460-1]かばんに手紙 | トップページ | [No.461-1]見覚えのある電車 »

(019)小説No.451~475」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
作品を拝見させて頂きました。
とても良かったです。
これからも素敵な作品楽しみにしています。
頑張って下さい。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
投稿される作品は新作でなくても構いません。あなたがホームページで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には現在、雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

投稿: つねさん | 2013年6月27日 (木) 15時03分

初めまして、つねさん。
ただただ自己満足で書いていますので
コメントを頂けてとても嬉しいです。
これからも書き続けて行きますね(^O^)

投稿: Re:つねさんへ | 2013年6月28日 (金) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/57638696

この記事へのトラックバック一覧です: [No.460-2]かばんに手紙:

« [No.460-1]かばんに手紙 | トップページ | [No.461-1]見覚えのある電車 »