« ホタル通信 No.151 | トップページ | [No.424-2]LINE POP »

[No.424-1]LINE POP

No.424-1

登場人物
=牽引役(男性)相手(女性)
-----------------------------
出張先の職場の人達が飲み会を開いてくれた。
その中にかつての教え子の女子社員が居た。

「LINE POPって知ってますか?」

LINEは何となく知ってはいるが、LINE POPは全く知らない。

「もちろん、知ってるよ」

お酒が入っていることも手伝って、口が軽やかになる。
・・・と言うより、知ったかぶりが過ぎるのかもしれない。

「じゃあ、LINE POPはしてますか?」
「ううん、してないけど」

とりあえず無難に答えた。

「じゃ、スマホ貸してください」
「・・・えっ!?あ、はい・・・」

その昔、新入社員だった彼女たちの教育係りをしていた。
だから、彼女が入社した当時からお互い気心は知れている。

「・・・え・・・えぇー!?」

この世のものとは思えないスピードで、違和感なく操作を始めた。
それもそのはずだ。
僕のスマホと彼女のスマホは同じ機種だからだ。

「はい!私のメアドと電話番号入れておいたから・・・」
「後でLINE POPをインストールしてくださいね」
「あ、はい・・・」

彼女が積極的なだけだろうか?
それとも、単に知らない仲じゃないからだろうか・・・。
LINE POPをインストールしたのは、出張先から戻った2日後だった。

(No.424-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.151 | トップページ | [No.424-2]LINE POP »

(017)小説No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.424-1]LINE POP:

« ホタル通信 No.151 | トップページ | [No.424-2]LINE POP »