« [No.423-1]崩れた壁 | トップページ | ホタル通信 No.151 »

[No.423-2]崩れた壁

No.423-2

「どんな人が住んでたのかしら?」
「な、なによ、急に!?」

どのような理由で、あの家がこうなったのか知る由もない。
ただ、そうなる前に、きっと温かい家庭がそこにはあったはずだ。

「随分、こだわるわね?」
「そうね・・・ある意味、人ごとだと思えなくて」

崩れた壁・・・私の場合は物理的な壁じゃない。
家族という壁が崩壊していた。

「ごめん・・・そんな深い意味があったなんて知らなかったから」
「気にしないで・・・誰にも話していないことだもん」

中学生の頃から、その壁が崩れ始めた。
そして、高校生1年生の時に、両親が離婚した。
その時、壁に大きな穴が開いた。

「同時に家を飛び出しちゃったの」

母親とは連絡を取りながらも、一人暮らしを始めた。

「連絡って・・・親は何も言わなかったの?」
「だから、崩壊してるの」

怒られるわけでもなく、帰って来いとも言われなかった。

「でも、あの家はまだ穴が開いてない」

このままだと、穴が開いてしまうのは時間の問題だろう。
でも、しばらくは持ちこたえて欲しい。
私が大学を卒業するまでは。

(No.423完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.423-1]崩れた壁 | トップページ | ホタル通信 No.151 »

(017)小説No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/56556692

この記事へのトラックバック一覧です: [No.423-2]崩れた壁:

« [No.423-1]崩れた壁 | トップページ | ホタル通信 No.151 »