« [No.415-2]口癖 | トップページ | [No.416-1]タイムマシン »

ホタル通信 No.147

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.076 尚、この件は
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

比較的、初期の作品であるということも鑑みても、まぁ、何と
言いましょうか、“自己満にも程があるだろ?”と言われそう
な作品ですcoldsweats01

ただ、自己満の話ほど実話度は高くなる傾向にありますが、
作者が“報告書に追われる男性”か“なお(女性)”であるか
は秘密です。
それはさておき、「初期+自己満」の作品ですから、その完
成度は他の作品と比べても郡を抜いて“酷い”です。
当時はそう思っても、今、読み返してみると、そこそこのでき
に感じる作品もある中で、これについては今読み返しても、
何とも酷い出来栄えで恥ずかしくなります。

では、酷いながらも内容について触れて行きますbook
この話、作者の執筆活動が大きく関係しており、昼休みに
執筆活動を行っている関係で、会社のパソコンがどうしても
漢字変換を学習してしまうことがきっかけとなっています。
漢字は異なりますが、“なお”という人物を数多く登場させて
いるため、優先的に奈緒、菜緒、奈央・・・が、変換の候補と
して表示されます。
従って、タイトルにも使ったように「尚、この件は」と打ったつ
もりでも、「奈央、この件は」のように変換ミスをしてしまうこ
とが何度もありました。

後半は同じ変換ミスでも、ケータイに舞台が移りますが、実
はここからが自己満の本領発揮なんです。
パソコンでは今でも変換ミスをしてしまうほど“なお”の優先
順位が高いにも関わらず、ケータイでは日を追うごとに下が
って行く・・・down
つまり、ブログ小説の登場人物として、“なお”は何度も登場
しているが、ケータイでメールをやり取りしていた“なお”とは
疎遠になったことを超遠回しに書いています。

今でもそうなんですよね。“なお”を変換すれば“奈央”が一番
はじめに変換されます。忘れたいような、忘れられないような。

web拍手 by FC2

|

« [No.415-2]口癖 | トップページ | [No.416-1]タイムマシン »

(105)通信No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/56224452

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.147:

« [No.415-2]口癖 | トップページ | [No.416-1]タイムマシン »