« [No.404-2]暗証番号 | トップページ | [No.405-2]御堂筋線 »

[No.405-1]御堂筋線

No.405-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-----------------------------
「じゃあ、また」
「うん」

ごく短い言葉を交わしてから、奈美(なみ)の背中を見送る。
けど、すぐに行き交う人の波にのまれ、その姿を見失った。

「もっと居たいけど用事があるねん」

以前なら、サラッと受け流していただろう・・・でも今は違う。

「どんな用事?」
「撮影があるんよ」

今更、驚きはしない。
奈美がモデルの仕事しているのは知っている。
ただ、いわゆる表立ったモデルとは装いが異なっていた。

「何時までならいいの?」
「せやね~15時までなら」

面倒を避けるなら、OLだと言えば済む。
それでも面倒なら、フリーターやアルバイトと言えばいい。
けど、奈美はあえて面倒な方を選んだ。

「わかった、15時だね」

だから、ウソも付いていないし、隠そうともしない。
ただ・・・何かを避けている。

「うち、行きたいとこあるねん!」
「どこ?」

僕の問いは答えず、とりあえず僕を腕を引っ張る。
その雰囲気から、目的の場所は近くだということがわかる。
案の定、数分後には目的の場所に到着した。

「ここにも売ってたんだ!」

目の前に見慣れたキャラクターが山積みになっていた。

「どれにする?」
「・・・どれって?」

(No.405-2へ続く)

|

« [No.404-2]暗証番号 | トップページ | [No.405-2]御堂筋線 »

(017)小説No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.405-1]御堂筋線:

« [No.404-2]暗証番号 | トップページ | [No.405-2]御堂筋線 »