« [No.381-2]初恋×初恋 | トップページ | [No.382-1]オーバー・ライト »

ホタル通信 No.130

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.73 Sensitivity
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性

前回No.129のホタル通信でご紹介させて頂いた通り、今回
はこの小説をご紹介させて頂きます。

実話度については、ほぼ実話です。
実話と言っても、心情を語るタイプの小説ですから、心情が
ほぼ事実ということになります。人物設定については、秘密
とさせてくださいねwink

大袈裟ですが、人生で最も大変な時期の心情を小説にして
います。ただ、現実にそうような出来事があったのはこの小
説を書く随分前です。
逆に言えば、冬のホタルを書くきっかけがこの出来事であっ
たわけですから、随分後にこの小説を発表しました。

内容は読んで頂いた通りです。
今でこそ、これを教訓として多少は冷静に考えることが出来
ますが、当時はそれこそ、闇typhoonに包まれてしまったかのよう
な毎日でした。
それを打開するために、ブログを始めたのもいくつかある理
由のひとつです。“書く”と言うより、“吐く”ことを目的として
いましたから、ブログを始めた当初に暗めの話が多いのは
そのためです。

ラスト付近は、ブログを始める決意みたいなものを改めて書
いています。「悲しい結末がない」のはブログを始めた当初
から今までもずっと守っていることですdelicious
前述した“吐く”ことを目的としたブログであることは事実で
すが、自分の経験が誰かの応援歌になれば・・・との想いも
あるのも事実です。
No130

web拍手 by FC2

|

« [No.381-2]初恋×初恋 | トップページ | [No.382-1]オーバー・ライト »

(105)通信No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/55255738

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.130:

« [No.381-2]初恋×初恋 | トップページ | [No.382-1]オーバー・ライト »