« [No.372-1]誘った夜 | トップページ | [No.373-1]笑顔に逢いたい »

[No.372-2]誘った夜

No.372-2

『ごめんなさい、今は無理』

予想通りでも、予想外でもない。
この場合、なんと言えば良いのだろう・・・。

『そうなんだ、じゃあ、またの機会に』

文字を打ち込んだものの、送信ボタンを押すのをためらっている。
今は無理・・・その言葉をどう捉えて良いか、迷っているからだ。

次の機会がすぐに訪れるものなのか、それとも二度と・・・。
もちろん、後者ということも十分考えられる。
・・・と言うより、今は後者の匂いがする。

つまり・・・。

「これ、断られた・・・よな」

真意を確かめることなく、作ったメールを削除した。
しつこく誘うつもりはないが、潔く諦めた方が良いだろう。

『そっか、分かった』

結果が聞けただけでも、良しとしよう。
少なくとも彼女がしびれを切らしている訳ではなかったからだ。

メールはこれで途切れた。
逆に途切れて良かったと思っている。
これ以上続くと、返す言葉も続けていく話題も見当たらないからだ。
recycle
『今日、来れますか?』

今でも、この言葉の真意が分からずにいる。

(あの日、何もなかったのがダメだったのかな?)

そんな自意識過剰な考えも脳裏に浮かぶ。
誘われた夜、そして・・・誘った夜。
ちょっとほろ苦い、それぞれの夜。
No372
(No.372完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.372-1]誘った夜 | トップページ | [No.373-1]笑顔に逢いたい »

(015)小説No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/55012167

この記事へのトラックバック一覧です: [No.372-2]誘った夜:

« [No.372-1]誘った夜 | トップページ | [No.373-1]笑顔に逢いたい »