« ホタル通信 No.125 | トップページ | [No.372-2]誘った夜 »

[No.372-1]誘った夜

No.372-1    [No.371-1]誘われた夜

登場人物
shadow=牽引役(男性)virgo=相手(女性)
-----------------------------
1週間が経過した。
あれから色々と考えてしまう、特に・・・。

(僕から送った方が良いのだろうか?)

前回は彼女から誘われた格好だ。
でも、見方によっては“しびれを切らしたから”ともとれる。
社交辞令と思い、僕が彼女を誘わなかったばかりに・・・。
ただ、今は状況が違う。

「やっぱり、ここは誘うべきだよな」

今度は僕が彼女の勇気に応えないといけない。
彼女がしびれを切らす前に。

(でも、どう誘ったら・・・)

お互いその気なら、何も悩む必要はない。
言わば出来レースを演じれば良い。
ただ、さすがにそこまでには至っていないだろう

『・・・遠慮せずに・・・だから・・・』

とにかくメールした。
けど、内容はかなり遠回しだ。
ずるいけど、彼女に結論を預けてしまった。

『言ってる意味が良く分からないけど』

すぐに返事が返ってきた。
予想していたものの、こうハッキリ書かれるとは思っていなかった。

(だよな・・・仕方ない!)

『今度、遊びに行っていい?』

直球、ど真ん中で勝負した。
言いたかったことは、正直これだけだ。

今度の返事は1時間後に到着した。

(No.372-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.125 | トップページ | [No.372-2]誘った夜 »

(015)小説No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/55004077

この記事へのトラックバック一覧です: [No.372-1]誘った夜:

« ホタル通信 No.125 | トップページ | [No.372-2]誘った夜 »