« [No.371-1]誘われた夜 | トップページ | ホタル通信 No.125 »

[No.371-2]誘われた夜

No.371-2

自分としては、少なくとも土日を想定していた。
もしも、彼女の家へ遊びに行くことがあったとしたら・・・だ。
それが平日、しかも・・・夜も遅い。

『これから行くよ』

ストレートに短く答えた。
何だか、彼女の勢いに押されている。

(さて・・・どうしたものか)

彼女の家に着く前に、あることないこと考えてしまう。
彼女が覚悟したのか、僕が覚悟しなくちゃいけないのか・・・。

「いらっしゃい」
「ワンワン!」
recycle
そうこうしている内に、彼女とチビが出迎えてくれた。

「私も、そう!」
「な、だろ!」

会社を離れることで、見えてくるものもある。
思った以上に会話も弾んだ。
でも、そんな時こそ、時間は無常にも過ぎて行く。

「・・・ごめん、つい話しこんじゃって」

気付けば、もうすぐ23時になろうとしている。

「じゃ、もう遅いから帰るね、また今度」
「・・・うん」

こう言いながらも低俗だけど・・・戸惑っている。
何かした方が良かったのか、しなかった方が良かったのか・・・。

彼女の想いがつかめぬまま、帰路に付いた。
No371_2
(No.371完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2
(No.372-1へ続く)

|

« [No.371-1]誘われた夜 | トップページ | ホタル通信 No.125 »

(015)小説No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/54980587

この記事へのトラックバック一覧です: [No.371-2]誘われた夜:

« [No.371-1]誘われた夜 | トップページ | ホタル通信 No.125 »