« [No.370-2]一枚の写真 | トップページ | [No.371-2]誘われた夜 »

[No.371-1]誘われた夜

No.371-1

登場人物
shadow=牽引役(男性)virgo=相手(女性)
-----------------------------
一気に緊張感が走る。
社交辞令だと思っていたことが、そうではなかったからだ。

『今日、来れますか?』

(・・・えっ!今日・・・)

たった一行のメールをさっきから凝視している。
こと始まりは、ちょうど1週間前にさかのぼる。
recycle
『それなら、遊びに行こうか?』

同僚の女子社員に送ったメールだった。
もちろん、この前に何度もメールやりとりしていた。
その流れの中で、このような結論に至った。

『うん、待ってる。チビも喜ぶし』

チビとは彼女が飼っている犬の名前だ。
この時は社交辞令に毛が生えた程度だと思っていた。

『じゃあ、また今度な』

社交辞令の王道とも言える返答をした。
極めて曖昧な所が、ある意味、大人な対応だ。

『分かった、今度ね』

多少、惜しい気もする。
けど、この手の話には期待しない方が身のためだ。
過去、何度と無く・・・。
recycle
「うそだろ?・・・今からなんて」

こんな時、男性の方が意気地がないのかもしれない。
時計の針は、もう21時をとっくに過ぎていた。

(No.371-2へ続く)

|

« [No.370-2]一枚の写真 | トップページ | [No.371-2]誘われた夜 »

(015)小説No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/54961731

この記事へのトラックバック一覧です: [No.371-1]誘われた夜:

« [No.370-2]一枚の写真 | トップページ | [No.371-2]誘われた夜 »