« [No.349-1]眼鏡で背伸び | トップページ | ホタル通信 No.114 »

[No.349-2]眼鏡で背伸び

No.349-2

だから、僕は軽く嘘を付いたことになる。

那央(なお)は、“度”が合わなくなったと聞いたはずだ。
僕はそれを分かってた、だから・・・。
“自分に似合わなくなった”と答えるべきだった。
“度”ではなく、あくまでもファッション的な好みによる理由だと・・・。

『ちゃんと合う眼鏡、買うんやで』
『ちゃんと合う眼鏡、買うよ』

オウム返しに近い、返事をした。
軽い嘘を付いている状態でも、話は成立している。

『今度、見せてな』

普段は眼鏡を掛けていない。
だから、あえてお披露目する必要があった。

『分かった、見せるよ』

実はファッション的な好み・・・の先にも理由があった。
でも、買い替える本当の目的を話す必要はないだろう。
買い替えることには違いがないのだから。

「少しは格好よく見えるかな?」
No349
(No.349完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.349-1]眼鏡で背伸び | トップページ | ホタル通信 No.114 »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/54268445

この記事へのトラックバック一覧です: [No.349-2]眼鏡で背伸び:

« [No.349-1]眼鏡で背伸び | トップページ | ホタル通信 No.114 »