« ホタル通信 No.087 | トップページ | [No.296-2]別れの予感 »

[No.296-1]別れの予感

No.296-1

登場人物
virgo=牽引役(女性)virgo=相手(女性)
-----------------------------
「自然消滅・・・って、減ったと思わない?」

恋人同士の別れの定番“自然消滅”
言われる通り、最近は減ってきたように思える・・・経験を含めて。

「ほら、一昔前なら・・・」
「連絡手段が限られていたからね」

携帯電話がまだ一般的ではない頃、連絡手段は限られていた。
お互い、家にある電話を使うことがほとんどだった。
親の目もあり、頻繁に連絡を取り合える環境にはなかった。

「だから、心が離れたりすると」
「途端に連絡が途絶える・・・か」

今なら、メールも電話も直接相手に届く。
もちろん、拒否されていないことが条件になるが・・・。

「最後の最後まで喧嘩したり、泣きごと言ったり・・・」
「本当の別れの瞬間まで、繋がっていられるのかもしれない」

決して表現は良くないが、修羅場は少なからずあるだろう。
そんな状態を誰しも自然消滅とは表現しない。
そう考えれば、自然消滅は綺麗に別れていると言える。
ただ・・・。

(まぁ、言いたいことがあっても言えないし・・・)

簡単に連絡を取り合えない以上、喧嘩さえ成立しない。

「どっちが幸せなのかな?」
「自然消滅か修羅場ってこと?」

(No.296-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.087 | トップページ | [No.296-2]別れの予感 »

(012)小説No.276~300」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/52689094

この記事へのトラックバック一覧です: [No.296-1]別れの予感:

« ホタル通信 No.087 | トップページ | [No.296-2]別れの予感 »