« ホタル通信 No.083 | トップページ | [No.288-2]幻の花屋さん »

[No.288-1]幻の花屋さん

No.288-1

登場人物
virgo=牽引役(女性)virgo=相手(女性)
-----------------------------
午後から私用があり、会社を休むことになった。
丸一日休むことはあったが、午後だけ・・・は初めてだった。

最寄の駅まで、朝、歩いて来た道を戻る。

(なんか、新鮮な気分!)

来る時にはまだ閉まっていた店も、元気良く営業中だ。
それだけで随分と空間の印象が変わる。

「この店・・・」

今更、何の店か気付かされた。
夜は夜で仕事が遅く、帰宅時には店の営業は終っている。

「えっ!あの倉庫!?」

倉庫だと思っていた建物に、花が飾られている。
朝の殺風景な雰囲気が一変している。
倉庫・・・花・・・アンマッチが逆にマッチして独特の味が出ている。

(花屋さんだったなんて)

花屋さんとは気付かずに通り過ぎる毎日だった。
今日がなければ大袈裟だが一生知らなかったかもしれない。

「たまには休むことも、ありね!」

このまま用事を無視して、もっとブラブラしたい気分だった。

(・・・どうしようかな・・・)

やっぱり、用事を無視するわけにも行かない。
けど、このままアッサリ帰るのも寂しい・・・それなら・・・。

目の前の一際鮮やかな、鉢植えを手に取った。

(No.288-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.083 | トップページ | [No.288-2]幻の花屋さん »

(012)小説No.276~300」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/52418314

この記事へのトラックバック一覧です: [No.288-1]幻の花屋さん:

« ホタル通信 No.083 | トップページ | [No.288-2]幻の花屋さん »