« [No.240-2]平行線 | トップページ | [No.241-2]糸 »

[No.241-1]糸

No.241-1

登場人物
virgo=牽引役(女性)virgo=相手(女性)
-------------------------------
糸っておもしろい。

例えば、運命の赤い糸。
赤い糸につながれた二人が出逢うべくして出逢う。
見えない糸をまるで手繰り寄せるかのように・・・。

例えば、緊張の糸。
ひとつのミスも許されないピンと張り詰めた心。
でも、ひとたび切れてしまうと・・・。

例えば、絡み合った糸。
気づけば糸って案外、複雑に絡み合っている。
決して、そんな気はなかったのに・・・。

糸って、人との繋がりや心境をうまく代弁してくれる。

「蜘蛛の糸はどう?」

友人が私の話に付け加える。
あの有名な小説に出てくる、蜘蛛の糸のことだろう。

「そうね、一筋の希望・・・と言ったところね」
「でもさぁ、どうしたの急に?」

友人が言うのも無理はない。

「最近、色々あってね」

考えごとをしている内に、少し深みに入ってしまった。

「哲学者みたいよ」
「そう見える?」

たまにはそんな気分にもなる。

(No.241-2へ続く)

|

« [No.240-2]平行線 | トップページ | [No.241-2]糸 »

(010)小説No.226~250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/50862753

この記事へのトラックバック一覧です: [No.241-1]糸:

« [No.240-2]平行線 | トップページ | [No.241-2]糸 »