« [No.234-2]ハズレの景品 | トップページ | [No.235-2]真珠のような女 »

[No.235-1]真珠のような女

No.235-1

登場人物
virgo=牽引役(女性)shadow=相手(男性)virgo=相手(女性)
---------------------------------------
「好きなタイプか?」

職場に気になる彼がいる。
思い切って、飲み会の席で好きな女性のタイプを聞いた。

「特にこだわりはないけどな」
「なにか、ひとつぐらいあるでしょ!」

つい、食い下がってしまう。
突破口を開くには、ひとつでも情報が欲しい。

「そ、そうだな・・・」

彼が引いているのが分かる。
逆効果と思えるほどの私の気迫に押されたせいだろう。
けど、何も発展しないよりは、ずっとましだ。

「ねっ!あるでしょ」

なかば強引に結論に迫る。

「あると言えばあるかな」

(だから、早く結論を言ってよ!)

「で、なに?」
「真珠のような人」
「真珠って、パールのこと?」

ピュア、清純・・・そんな言葉が似合う。
他とは違う、自己主張しない、控えめな宝石と言える。
つまり、私とは正反対の宝石なんだ。

(No.235-2へ続く)

|

« [No.234-2]ハズレの景品 | トップページ | [No.235-2]真珠のような女 »

(010)小説No.226~250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/50669667

この記事へのトラックバック一覧です: [No.235-1]真珠のような女:

« [No.234-2]ハズレの景品 | トップページ | [No.235-2]真珠のような女 »