« [No.195-1]二度目の出逢い | トップページ | ホタル通信 No.037 »

[No.195-2]二度目の出逢い

No.195-2

自分の中では、これは二度目の出逢いだ。

「じゃあ、何だろう・・・」
「答えゆっていい?」

実は答えはもう言ってある。
なのに、どうして気付かないのだろうか・・・。

「あっ!そうか」

気付いたのは僕の方だった。
彼女が気付かない理由を僕が気付いた。

「自分にとっては普通のことだもんな」

僕には特別に聞こえても、彼女はいつもと変わらない。

「あぁ!」

彼女もようやく気付いたようだ。

「・・・だろ?」
「うん、“ゆう”って言葉ね」

彼女は“言う”を“ゆう”と表現する。
それが何とも心地よく聞こえる。

「二度目の出逢いなんだよ」
「・・・とゆうことは、最初に出逢った言葉もあるんだよね?」
「ゆって欲しい?」
「ゆって!ゆって!」

ちょっとした、“ゆって合戦”になった。

「ラジャー!」

(No.195完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.195-1]二度目の出逢い | トップページ | ホタル通信 No.037 »

(008)小説No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/49318010

この記事へのトラックバック一覧です: [No.195-2]二度目の出逢い:

« [No.195-1]二度目の出逢い | トップページ | ホタル通信 No.037 »