« [No.194-2]通り過ぎる人 | トップページ | [No.195-2]二度目の出逢い »

[No.195-1]二度目の出逢い

No.195-1

出逢いは必ずしも、人と人とだけとは限らない。

「犬?それともネコかな?」

ふざけているわけではない。
それが彼女の持ち味だからだ。

「そ、そんな時もあるかな・・・」

とりあえず勢いにのまれておこう。
彼女は不思議な魅力を持つブロガーだ。
単なる不思議ちゃんではなく、独特の感性を持っている。

「最近、ブログでお気に入りの言葉を見つけたんだ」
「えー、なになに!」

彼女が興味津々で応えてくれる。
自分の記事のことだ・・・多分、すぐに気付いてくれるだろう。

「ゆってもいい?」
「早くぅ、ゆってよ・・・もしかして」

彼女はすぐに気付いたようだった。

「そう!それだよ」
「なんだ・・・ポクポクだったんだ!」
「それ違うし!」

以前、彼女の記事にコメントしたことがある。
その記事には木魚を叩く音を“ポクポク”と表現していた。
ピッタリな擬音に、コメントを書かずにはいられなかった。

「違うの?」
「うん、それはそれで大好きなんだけど・・・」

(No.195-2へ続く)

|

« [No.194-2]通り過ぎる人 | トップページ | [No.195-2]二度目の出逢い »

(008)小説No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/49308276

この記事へのトラックバック一覧です: [No.195-1]二度目の出逢い:

« [No.194-2]通り過ぎる人 | トップページ | [No.195-2]二度目の出逢い »