« [No.193-1]石ころ | トップページ | ホタル通信 No.036 »

[No.193-2]石ころ

No.193-2

「田んぼに石ころが落ちたんだ?」

途中で蹴り損ねて、石ころが田んぼに落ちた。
夏だと言うこともあり、田んぼは十分過ぎるほど水で潤っていた。

「拾いに行ったら・・・そうなっちゃって」

泥まみれになるつもりはなかったけど、ぬかるみに足を取られた。

「そこまでして、ルールを守らなくても・・・」

確かにそうだと思う。
誰も見ていないし、ルールの存在だって知らない。

「誰も見てないし、ルールだって・・・」

私と同じことを言った。
他人から見ればバカバカしいことを真剣にやっている。

「自分で決めたことは守りたいだけ」
「頑固と言うか・・・」
「自分でも嫌になるよ」

とにかく、こんなことが良くある。
それに仕事ではこんな性格があだになる場合が多い。
こだわりは、単にわがままとしか見られない。

「そんなことないよ」
「そんなことあるわよ」

泥だらけになった時も母に怒られただけだった。
もちろん、理由なんて話す意味がない。

「でも、石ころを見つけた瞬間が目に浮かぶわよ」

そこから見つけだしたのは、私の信念だったのかもしれない。

(No.193完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.193-1]石ころ | トップページ | ホタル通信 No.036 »

(008)小説No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/49251893

この記事へのトラックバック一覧です: [No.193-2]石ころ:

« [No.193-1]石ころ | トップページ | ホタル通信 No.036 »