« ホタル通信 No.035 | トップページ | [No.192-2]想い出はうつらない »

[No.192-1]想い出はうつらない

No.192-1

「おもいではうつらなかったのよね」

未由(みゆ)が、わずかに聞き取れる声量で話した。

「えっ!おもいでは・・・うつらないって?」
「ううん、こっちのこと」

夏の暑さを避けるために、カフェに入った。
未由がケータイをいじり出した途端の一言だった。
気付けば、世間で話題のスマートフォンだ。

「いつ買い替えたの?」
「昨日」
「・・・嬉しそうじゃない・・・みたいだけど」

言われなくても自分から見せびらかすタイプだ。
それがどうだろう・・・いつものテンションを感じない。

「そうかな」
「使い勝手はどう?」
「良いんじゃない?」

質問したつもりなのに、質問で返されたようだった。

「そう言えば、さっきうつらないとか何とか・・・」

未由のテンションの低さは、さっきの一言が無関係ではないだろう。
それに、しきりにケータイを見つめている。

「想い出はうつらなかった」

今度ははっきり聞こえた。
でも“うつらない”とは・・・写らない?それとも、移らない?

「写真でも写し損ねたの?」

間の抜けた問い掛けかもしれない。
だけど、聞かなきゃ始まらない・・・そんな雰囲気だった。

(No.192-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.035 | トップページ | [No.192-2]想い出はうつらない »

(008)小説No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/49211678

この記事へのトラックバック一覧です: [No.192-1]想い出はうつらない:

« ホタル通信 No.035 | トップページ | [No.192-2]想い出はうつらない »