« [No.190-1]恋は経験 | トップページ | [No.191-1]彼女の友達 »

[No.190-2]恋は経験

No.190-2

確かに佳織(かおり)の言う通りだ。
思うことと、実行することは違う。
私の場合は、もっと酷いのかもしれない。

「そうね・・・私なんか“思う”よりも、“思ってる”って感じ」
「強い意志で“思う”んじゃなくて、軽く“思ってる”ってだけ」

もともとは佳織のため息から始まった話だった。
それがいつしか、私がペラペラしゃべりだした。

「ご、ごめん・・・私のことばかり」
「いいよ、私も同じだから」

似た者同士だからこそ、悩みも打ち明けられるのかもしれない。
お互いがお互いの気持ちを代弁する。

「・・・で、話を戻していい?」
「あぁ、そうね・・・私のため息ね」

佳織の話は結局、恋人に最近振られた話だった。

「なんだ、よくある話じゃない」

急に肩の荷が降りたような気分だった。

「でも、ちょっと待って・・・」

佳織が急に真剣な表情になった。
何か重要なことに気付いたような、そんな感じに見える。

「何か悟ったの?」

あえて高貴な表現を使った。

「うん、悟った」
「何を?」
「私達、振られてばかりいるってことよね?」

役に立たない経験は、人以上にしてるのかもしれない。
A0001_000050
(No.190完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.190-1]恋は経験 | トップページ | [No.191-1]彼女の友達 »

(008)小説No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/49154284

この記事へのトラックバック一覧です: [No.190-2]恋は経験:

« [No.190-1]恋は経験 | トップページ | [No.191-1]彼女の友達 »