« ホタル通信 No.034 | トップページ | [No.190-2]恋は経験 »

[No.190-1]恋は経験

No.190-1

「ふぅぅ・・・」
「珍しいわね、ため息付くなんて」

佳織(かおり)にいつもの覇気が見えない。
何事にも前向きで、ため息のイメージには程遠い。

「仕事?恋愛?それとも衣食住?」
「最後の衣食住ってのは何なのよ」

私の冗談に多少、笑みがこぼれる。

「実際はどっちなの?」
「私が仕事で悩むと思う?」
「それもそうね・・・」
「そこで、納得しないのぉ!」

偉そうだけど、これはこれで私なりの気遣いだ。
一人悩んでも始まらない。
今までも、悩み事は打ち明け合っていた。

「恋愛に経験って役に立たないよね」

とっさには判断できない内容だ。
一般的には経験自体、役に立たないわけではない。
だが、相手は“恋愛”だ。

「そ、そうね・・・どうだろう?」

誰に問い掛けたか分からない曖昧な返事をした。

「でも、次からこんな恋はしない・・・って思うじゃない?」

結局、自分に問い掛けてそれに答えた格好になった。
少なくとも自分はそうしてきた。
辛い恋を経験したら、次はきっと・・・と。

「思うことと、実行することは違うよ」

佳織の言ったことは、私にも当てはまる。

(No.190-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.034 | トップページ | [No.190-2]恋は経験 »

(008)小説No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/49078014

この記事へのトラックバック一覧です: [No.190-1]恋は経験:

« ホタル通信 No.034 | トップページ | [No.190-2]恋は経験 »