« [No.184-1]怒るって難しい | トップページ | [No.185-1]忘れ物 »

[No.184-2]怒るって難しい

No.184-2

「怒るって難しいと思う・・・そう思わない、佐知子?」

それは相手が誰であっても、どんな関係の人でも言えることだ。
ただ、恋愛関係にあれば多少、駆け引きも必要になる。

「嫌われたくないし、流されたくもない・・・か・・・」

言えば関係がギスギスする。
言わなければ関係はスカスカになる。

「本当は怒りをあらわにすべきだった」

それでも彼を許すつもりではいた。

「そうね、修羅場も悪くない」
「愛情があるからこそ、怒れる時もあるし」
「本当に怒るって難しい」

けど、いくら愛情があっても、相手に伝わらなければ同じだ。
勘違いのまま終ってしまうことだってある。

「それにルールがあると思うんだ」

怒るとは・・・ルールを無視した殴り合いではない。
厳格なルールの下で怒らなければならない。

「そう考えるとルールを破ってしまったのは私の方ね・・・」

いつしか“怒(おこ)る”ことが、“怒(いか)り”に変わった。
昔の出来事まで引っ張り出し、私は怒(いか)ってしまった。

「彼とはどうするつもり?」
「怒ってみる・・・真剣に」

まずは自分に対して怒ることから始めよう。

(No.184完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.184-1]怒るって難しい | トップページ | [No.185-1]忘れ物 »

(008)小説No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/48911123

この記事へのトラックバック一覧です: [No.184-2]怒るって難しい:

« [No.184-1]怒るって難しい | トップページ | [No.185-1]忘れ物 »