« [No.182-1]汚れた世界 | トップページ | [No.183-1]ベルサイユのばら »

[No.182-2]汚れた世界

No.182-2

「うちな・・・その人と結婚を前提に付き合ってるねん」
「えっ!結婚・・・」

結婚することに驚いたわけではない。
話を戻せば父娘の不仲は、結果的に彼との不仲になる。

「その人とはうまく行ってないんだよね?」
「そやけど、ええねん」

ええねん・・・前向きな発言ではない。
むしろ、諦めにも似た、後ろ向きな発言だと感じた。

「住むところがあれば、それでええねん」

幼い頃から衣食住に苦労し、加えて大人の事情が彼女を苦しめた。

「ふぅ・・・それにしても、相変わらずサラリと言うよな」

衝撃的な発言も、彼女の前では普通に感じる。
時にはあまりにも凄過ぎて、“笑”撃になる場合さえある。

「“笑”撃って、笑うところちゃうし」

そう言いながらも、笑顔で突っ込んでくれる。
重い話を笑い話に変える・・・彼女はそんなパワーを持っている。

「でも、うち・・・汚れてるやろ?こんな生き方しかでけへんし」

以前も聞いたことがある、自分は“汚れた世界”の住人だと・・・。

「汚れてるなら、洗えばいいよ」
「上手い冗談やん」

なにも、中身が腐っているわけじゃない。
簡単なことだ・・・汚れたら洗えばいい。
そしたら、また輝き出す。

(No.182完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.182-1]汚れた世界 | トップページ | [No.183-1]ベルサイユのばら »

(008)小説No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/48855425

この記事へのトラックバック一覧です: [No.182-2]汚れた世界:

« [No.182-1]汚れた世界 | トップページ | [No.183-1]ベルサイユのばら »