« ホタル通信 No.030 | トップページ | [No.182-2]汚れた世界 »

[No.182-1]汚れた世界

No.182-1

幼い頃から刻み続けられた記憶・・・。
彼女はその呪縛から逃げ出すことができずに居る。

「うち、この前、北海道に旅行に行ったやん」

“冬の北海道”を満喫するには、やや早い時期だったと思う。

「あぁ、旭川だろ?」

薄っすらと雪化粧した風景の写メが記憶に残っている。

「お父さんと行ったんだよね?」

この時、多少、違和感を感じていた。
世間では仲の良い父娘関係は、特段珍しくもない。
ただ、彼女の場合は逆だった。
そんな関係で「旅行に行く気になったな」と感じていた。

「本当は違うねん・・・今、一緒に住んでる人と行った」
「住んでる人?それがお父さんだろ?」

菜央(なお)が事情を話し始めた。
今まで会話に出てきたお父さんは、全て彼氏のことだったらしい。
確かに今思えば、しっくりこない話も多かった。

「・・・黙ってたら、隠し通せたのに、どうして?」
「うちもわからへん」

全くそれを感じていなかったわけでもない。
菜央と別に付き合ってはいないし、彼女は自由の身だ。
僕がとやかく言う筋合いもない。

「薄々感じてたけど正直・・・驚いた」
「もうひとつあるねん」
「・・・もうひとつ?」

僕は一日で、2度驚くことになった。

(No.182-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.030 | トップページ | [No.182-2]汚れた世界 »

(008)小説No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/48845653

この記事へのトラックバック一覧です: [No.182-1]汚れた世界:

« ホタル通信 No.030 | トップページ | [No.182-2]汚れた世界 »