« [No.180-2]答えはひとつ | トップページ | [No.181-2]雨男 »

[No.181-1]雨男

No.181-1

積極的にかかわれない話がある。
それについて無知だからではない。
その話の当事者だからだ。

「でさぁ・・・あいつって雨男だと思わない?」
「分かる、分かる!この前もホラ・・・そうだったもんね」
「ありさもそう思うでしょ?」

性別こそ違うが何を隠そう・・・私もソレだ。

「・・・そ、そうね・・・困った人だよね」

声が若干、上ずってしまった。
私の場合、晴れを雨に変えるほどの神通力はない。
さっきまで止んでいた雨が、また降り出す程度だ。
もちろん、私が外に出た瞬間に・・・だ。

「ほら、偶然ってこともあるじゃない?」

心の中で自分を弁護したつもりが、つい口に出てしまった。
その瞬間、一斉に視線が私に向けられた。
何とも波紋を引き起こしそうな雰囲気に変わった。

「もしかして・・・」

同僚の一人が口火を切った。

(まずい!バレたかも・・・)

「あんた、あいつのこと好きなわけ?」
「そ、そうかも!」

矛先をかえるため同僚達の勘違いに、適当に答えた。
それが思わぬ方向へと発展した。
そもそも“あいつ”が誰なのか、把握していなかった。

(No.181-2へ続く)

|

« [No.180-2]答えはひとつ | トップページ | [No.181-2]雨男 »

(008)小説No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/48814946

この記事へのトラックバック一覧です: [No.181-1]雨男:

« [No.180-2]答えはひとつ | トップページ | [No.181-2]雨男 »