« [No.178-2]夏の始まり | トップページ | [No.179-2]確実な一品 »

[No.179-1]確実な一品

No.179-1

「何かあった?」

里美(さとみ)を見てると、つい聞いてみたくなった。
もちろん、良い意味でだ。

「なんで?」
「なんか・・・幸せそうに見えるけど?」

お互い疑問符が付く会話が続いた。

最近、里美の表情が明るくなった。
直接的な意味ではない。
全体的に雰囲気が変わった・・・と言った方が良い。

「いいこと、あったんよ」
「いいこと?」

良いことなら、聞いても差し支えないだろう。
いや・・・むしろ聞くべきだ。

「聞きたいなぁ」

里美が楽しそうにしゃべり始めた。
話を要約すると、最近、何かを手に入れたらしい。

「その代償は大きかったけどな」

(代償・・・?)

相当、高価なものらしい。
そうなると価格も気になるが、そもそも何を手に入れたか・・・だ。

「それって・・・」
「確実な一品!ってとこやね」
「確実な・・・ねぇ・・・」

匠の技が生かされた、とんでもない一品を想像してしまう。

(No.179-2へ続く)

|

« [No.178-2]夏の始まり | トップページ | [No.179-2]確実な一品 »

(008)小説No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/48753359

この記事へのトラックバック一覧です: [No.179-1]確実な一品:

« [No.178-2]夏の始まり | トップページ | [No.179-2]確実な一品 »