« [No.178-1]夏の始まり | トップページ | [No.179-1]確実な一品 »

[No.178-2]夏の始まり

No.178-2

「もぉ!答え分かってたんでしょ」
「ごめん、ごめん!面白すぎて答え言いそびれた」

最初の悲鳴は、足がつったものではない。
それは説明されなくても分かる。

「結局、何なのよ?」
「だ・か・ら、海に足を入れてみて・・・」
「・・・って、足が言ってたもんね」
「こらぁ!」

しかし、いざ入れてみろと言われると何だか緊張する。
もしかして、クラゲでも居たのだろうか・・・。
恐る恐る海に近付き、足を入れようとした

「そんなんじゃ、悲鳴は出ないよ」

友人がそう言うと、私を軽く突き飛ばした。

「ギャャアァー!」

突然押され、この世のものとは思えない悲鳴が出てしまった。
それから、つんのめるかのように二、三歩前に歩いた。

「キャッ!」
「それよ、それ!」

友人が満足そうな顔をする。
押されて意思に反して、足が海に入ってしまった。

「案外、冷たいでしょ?」

波が静かに引いて行く。
夏の1ページは、こんなたわいもないシーンから始まった。

(No.178完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.178-1]夏の始まり | トップページ | [No.179-1]確実な一品 »

(008)小説No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/48738141

この記事へのトラックバック一覧です: [No.178-2]夏の始まり:

« [No.178-1]夏の始まり | トップページ | [No.179-1]確実な一品 »