« [No.135-2]動く夜景 | トップページ | [No.136-1]太陽とクシャミ »

ホタル通信 No.007

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.41 あの虹を越えて
実話度:★★☆☆☆(40%)

虹には、どこか神秘的な力があると思います。それを目の前
にした時、人は心を開かずにはいられない・・・そんな話です。

もともと、自然現象は小説のネタになりやすく、当ブログでも
度々登場します。その現象に心の中を代弁させたりします。
雨・・・沈んだ私の心、虹・・・ひとつの決意。

当時、複雑な悩みごとを持っていた時に、偶然虹を目にした
のが話しのきっかけです。目の前の虹とは対照的に、晴れる
ことがない私の心を綴りました。
雨、そしてそれが晴れて行く・・・これだけでも小説はできたと
思いますが、七色は手を差し伸べてくれる人達を連想させ、
消え行くさまが明日を予感させてくれました。
その虹さえも越えて行こう・・・そんな決意さえ呼び起こしてく
れましたsun

初期の作品であり、一人称(当ブログは99.9%が一人称)な
ものですから、時間と他人のかかわり方が、ちょっとわかりに
くいと思いますsweat01
この話は少し回想を交えながら、心の中を言葉として表現して
みました。

A0006_002399_m

|

« [No.135-2]動く夜景 | トップページ | [No.136-1]太陽とクシャミ »

(100)通信No.001~025」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/47462045

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.007:

« [No.135-2]動く夜景 | トップページ | [No.136-1]太陽とクシャミ »