« [No.133-2]怪物の涙 | トップページ | [No.134-1]ハイブリッドな・・・ »

ホタル通信 No.006

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.28 女の子へ聞け
実話度:★★★★★(100%)

日常が小説になること、ドラマよりもドラマティックであること
を実感した作品です。
実話度100%ですが、作者が「あき」なのか「僕」なのかは、
伏せておきます。

「それ、私も同じかも」
それって何・・・?が、読み手の最初の疑問だと思います。
軽く触れてはいますが、こういうことです。
喧嘩まではしていないけど、紗江の理不尽な行動に振り回
され、少し口論になったことがありました。
数時間経過してから、自分から謝ろうとしても、音信不通に
なり、最後のメールにつながりました。
そして、予期せぬ展開に焦る「僕」に対して「あき」の冒頭の
セリフが続きます。
「ちょっとしたことでも、別れはありますよ」って、あきは言い
たかったのです。あきも同じ経験をしたことがあるからです。

ところが・・・。
「あのね、女の子はそんな時があるんよ」
「また、メールでも入るんとちがう?」
このふたつのセリフは、別れが一時的なもの(その期間は
不明だとしても)であることを意味しています。
あきとしても自分がそうだからこそ、こんなことが言えたの
でしょう。そして、その通りに紗江からメールが届きました。
それに紗江からメールが来た時、戸惑いながらも、嬉しかっ
たのは間違いありません。あきはそれさえも分かっていたの
です。

最後になりますが、この話をヒントにした小説があります。
紗江からのメールは“受信フォルダ8”に入るようになってい
ました。そうなんです・・・「No.25 受信フォルダ8」はこの話
があったからこそ生まれたんです。

|

« [No.133-2]怪物の涙 | トップページ | [No.134-1]ハイブリッドな・・・ »

(100)通信No.001~025」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/47407360

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.006:

« [No.133-2]怪物の涙 | トップページ | [No.134-1]ハイブリッドな・・・ »