« [No.60-2]もてポイント | トップページ | [No.61-2]彼が居ない季節 »

[No.61-1]彼が居ない季節

No.61-1

20代後半を過ぎると、自由に集まれる友人が少なくなる。
結婚という第1便に、乗り遅れた私たち・・・。

「違うわよ、あえて乗らなかったの!」

私を含めて今日集まった4人に彼氏は居ない。
それなのに、集まれば彼氏の話が中心になる。

「これから夏だけど・・・」
「彼氏が居ないとしたら、夏と冬、どっちが寂しい?」
“不思議ちゃん”の優奈が話を切り出した。

「それだけじゃわかんないよ」
勘違いする前に聞いておいた方が良いみたいだ。

優奈曰く・・・。
冬になれば木々の葉は落ち、人々は寒さに凍える。
だから季節そのものが寂しい。
逆に夏は活動的だ。
街の雑踏、輝く海、青い空、白い雲・・・。
だからこそ、ひとりなら・・・孤独感が際立つ。

「まぁ・・・間違いじゃないわよね」

ただ、こんな前振りがあると、夏は俄然、不利だ。
(それでも、ここは話に乗ってみよう・・・)

「それで・・・夏をどう乗り切れと言いたいわけ?」

答えのその先を優奈に返した。

(No.61-2へ続く)

|

« [No.60-2]もてポイント | トップページ | [No.61-2]彼が居ない季節 »

(003)小説No.51~75」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/45642451

この記事へのトラックバック一覧です: [No.61-1]彼が居ない季節:

« [No.60-2]もてポイント | トップページ | [No.61-2]彼が居ない季節 »