« [No.55-2]豆電球ネックレス | トップページ | [No.56-2]エンドロール »

[No.56-1]エンドロール

No.56-1

ポインセチアの花を置いた。

なぜ、そんなことをしたのか自分でも分からない。
当時、好きだったアーティストの歌詞に出てきた花だ。
名前の響きが良かった・・・ただ、それだけだ。

「それ、どこに置いたの?」

話の流れで高校時代の恋バナになった。

「彼のバイト先・・・ファストフード店の入り口よ」
「なんでそんなことしたの?」
「さぁ・・・今でもわかんないよ」

別に何かを隠しているわけではない。
なぜ、あんな行動に出たのか、今でも理由が見つからない。
花を置いた時、彼とはもう別れていた。
少しでも、自分の痕跡を残したかったのだろうか・・・。

「手紙とか付けた?」
「付けたよ。でも・・・」
「名無し・・・ってことね?」
「それに・・・」
私の名前は書かなかった。
それに、彼の名前も書かなかった。

「みんな悩んだんじゃない?」

誰から誰に対しての贈り物なのか・・・。
花言葉を考えた人も居たかもしれない。

(No.56-2へ続く)

|

« [No.55-2]豆電球ネックレス | トップページ | [No.56-2]エンドロール »

(003)小説No.51~75」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/45528700

この記事へのトラックバック一覧です: [No.56-1]エンドロール:

« [No.55-2]豆電球ネックレス | トップページ | [No.56-2]エンドロール »