« [No.49-1]上手な恋の忘れ方 | トップページ | [No.50-1]オレンジ色の明日へ »

[No.49-2]上手な恋の忘れ方

No.49-2

一つの結論が出た。

『忘れようとすると、それは美しい想い出に変わろうとする。
美しいものは壊せない、だから忘れられない・・・』

「だったら、元をたどって、忘れなきゃいい・・・ってことね」

なるほど・・・合理的な考えだと思う。
賛同の声が多くあがった。

『で、この回答をした人はどうなの?』

当然とも言える書き込みがあった。
皆が下した結論に合致するか否かではなく、純粋にその真意が気になる。
今度は投稿者を巡っての論議が再燃し始めた。
彼か彼女か、若いのか年配なのか・・・。

結局、その投稿者は姿を見せなかった。

ネットでありがちな“本人と語る”ニセモノも不思議と現れなかった。
それだけ、皆が期待していた、と言うことだろうか。

私も今度失恋したら、これを試してみよう。

「失恋する前に、恋愛しなきゃねダメね」
(変な感じ・・・後ろ向きなようで、前向きなような・・・)
「・・・!」

これが、あの真意なんだろうか。

(No.49完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.49-1]上手な恋の忘れ方 | トップページ | [No.50-1]オレンジ色の明日へ »

(002)小説No.26~50」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.49-2]上手な恋の忘れ方:

« [No.49-1]上手な恋の忘れ方 | トップページ | [No.50-1]オレンジ色の明日へ »