« [No.47-1]若葉の頃 | トップページ | [No.48-1]昨日のセンチメンタル »

[No.47-2]若葉の頃

No.47-2

そのうち、私が居てもお構い無しにやってくるようになった。

お互いが、無関心を装っている。
その空気がなんとも愉快だ。

ほどなくして、ヒナの鳴き声が聞こえるようになった。
見てみたいけど、私の存在が子育てに影響してはまずい。
多少、迷惑とも言える鳴き声が、逆に嬉しい。

風が心地よい。

ベランダなんて、最も近くて遠い場所なのかもしれない。
相変わらず、親鳥はせっせとエサを運んで来ている。

やがて若葉の頃、彼らは巣立って行った。
ベランダは急に静かになった。

「あれ?巣がない・・・」

「立つ鳥跡を濁さず・・・そんなわけないか」
そう思わせるほど、ベランダの隅は綺麗になっていた。
そう言えば、昨日、めずらしく強風が吹いていた。
主を失った巣が、飛ばされても不思議ではない。

『プルップゥゥ・・・』

次の日、ハトの鳴き声が聞こえた。
急いでベランダに出てみると、一輪の花が落ちていた。

「カスミソウ・・・だよね?」

(No.47完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.47-1]若葉の頃 | トップページ | [No.48-1]昨日のセンチメンタル »

(002)小説No.26~50」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.47-2]若葉の頃:

« [No.47-1]若葉の頃 | トップページ | [No.48-1]昨日のセンチメンタル »