« [No.39-1]コントロール | トップページ | [No.40-1]転校生 »

[No.39-2]コントロール

No.39-2

「そんな・・・今日のために休みをとったのよ!」
「すまない」
彼はそれ以上、弁明しなかった。
分かっている・・・前と同じパターンだ。
きっと、うまく行く。
「分かったよ。残念だけど、また今度にしよう」

それから、同じようなことが何度も続いた。

「もう・・・いやだよ」
新しい彼とは長くは続かなかった。
結局、終わりはどこにでもあるパターンだった。

(わたし、今まで何を想ってたんだろう?)

「それはね、相手との距離感だよ」
「距離感?」
友人がまた意味ありげな言葉を発した。
「想いは届いていた?彼に」
友人の問に応えることが出来なかった。

理解ある女性を演じていた。コントロールとはそう言うことだと信じて。
でも、それが距離を生んだ。
そして、その距離はどんどん離れていった。

「あーぁ、もうやめたやめた!」
「わたしには、無理みたい」
考えれば考えるほど、上手く行きそうな気がしない。
むしろ、逆だ。

「それが恋愛なんだよ」
友人は冷静だ。

「ふん!男のくせに言うわね」
この距離・・・そう、男女にはこの距離感が必要なのかもしれない。

(No.39完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.39-1]コントロール | トップページ | [No.40-1]転校生 »

(002)小説No.26~50」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.39-2]コントロール:

« [No.39-1]コントロール | トップページ | [No.40-1]転校生 »