« [No.37-2]ラジャー! | トップページ | [No.38-2]純愛 »

[No.38-1]純愛

No.38-1

「えっ!私が?」

友人のレベッカからのお願いに唖然とした。
レベッカは、そこそこ有名なバンドのボーカルを担当している。
もちろん、彼女は純粋な日本人だ。

唖然とした理由には、2つある。

素人の私に、作詞を依頼してきたこと。
そして、何より驚いたのは、その依頼した歌詞の内容だ。

「純愛物で、おねがい」
「純愛?」
「そうよ。誰もが、恥ずかしくなるほどの歌詞で頼むわよ!」

レベッカのバンドはヘヴィメタルのまさに王道のバンドだ。
そんなバンドが、純愛だなんて。

「その恥ずかしさ、その羞恥心が魂ぃを・・・」

(あぁ・・・始まった)

「わ、わかったから!でも、どうして私なのよ?」
「あんた、得意でしょ?恥ずかしい歌詞が」
「もぅ・・・アレ、まだ覚えてるの?」

好きだった曲をイメージして、そこに歌詞を付けた。
高校の卒業文集に載せた淡い恋心・・・。
憧れの先輩の卒業を目前に控えて、勇気を出して告白したこと。
そして、それが叶わなかったこと。
その歌詞にみんなが共感してくれた。

「本当に私でいいの?」
「当時をもう一度、リメイクしてよ」

(No.38-2へ続く)

|

« [No.37-2]ラジャー! | トップページ | [No.38-2]純愛 »

(002)小説No.26~50」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/45057572

この記事へのトラックバック一覧です: [No.38-1]純愛:

« [No.37-2]ラジャー! | トップページ | [No.38-2]純愛 »